ローヤルゼリーの選び方

市販されているローヤルゼリーの食品はいろいろとありますが、どれがいいのかわからず困っている人もいるのではないでしょうか。ここではローヤルゼリー商品の選び方について提案していますので、商品選びの参考情報としてお役立てください。

 

ローヤルゼリーサプリランキングへ行く

 

種類ごとのメリット・デメリット

 

ローヤルゼリーには生、乾燥、調整の3種類があり、メリット・デメリットを把握すれば自分が欲しいものが明確になってきます。

 

 

生は最もローヤルゼリーの栄養価が高いものの、保存性が悪いという特徴があります。

 

乾燥

 

栄養価は生に劣るものの保存性に優れているためサプリメントは乾燥タイプが主流になります。

 

調整

 

そして調整は生や乾燥のローヤルゼリーにほかの栄養成分を配合したものであり、純度では生に負けてはいますが、ローヤルゼリーにない成分を補給することができるという魅力があります。

 

配合量

 

ローヤルゼリーの商品選びをする際には、生、乾燥、調整のどのタイプを買うにしても、栄養成分の配合量が多いに越したことはありません。配合量に優れている商品であるほど、日々の栄養補給が効率よくなるでしょう。

 

価格

 

品質が落ちない範囲内で、価格が安い商品を購入すれば費用負担を抑えることが可能です。商品自体の価格が安いだけでなく、まとめ買いや定期購入のようにお得なサービスがあるとさらに費用負担が軽くなります。

 

また、インターネット通販を利用する場合には、送料がお得になると長期的にみた場合にかなりのお金が浮くことになるでしょう。

 

ローヤルゼリーサプリランキング

 

山田養蜂場 ローヤルゼリーの特徴

山田養蜂場 ローヤルゼリーは、ローヤルゼリー健康食品市場3年連続売上No.1を誇るサプリメントです。独自のコーティング技術を用い従来の吸収力が2倍。そして飲みやすい小粒タイプとなっています。また、ローヤルゼリーに加え亜鉛をプラスし栄養機能食品としての役割も果たすサプリメントに仕上がっています。

価格 1080円
評価 評価5
備考 お試し6日分
山田養蜂場 ローヤルゼリーの総評

1粒に800mgローヤルゼリーを含有し1日あたり2400mgの摂取が可能です。お試し6日分がお得な山田養蜂場の高品質ローヤルゼリーをお試しください。

 

 

アサヒローヤルゼリーSAI48の特徴

アサヒローヤルゼリーSAI48は、100%ローヤルゼリーを実現したサプリメントです。栄養が豊富な状態である48時間採取にこわだり作られており新鮮かつ安全性のたかいローヤルゼリーサプリメントに仕上がっています。

価格 9050円
評価 評価4
備考 初回お試し
アサヒローヤルゼリーSAI48の総評

1粒あたり1200mg含有し、1日あたり3600mgものローヤルゼリーを摂取できます。1ヶ月分お試し価格9050円というのもうなずける製品です。

 

 

ローヤルゼリープレミアムリッチの特徴

ローヤルゼリープレミアムリッチは、高品質の証「デセン酸5%以上」を達成しているローヤルゼリーサプリメントです。ISO22000を取得した国内工場にて生産されているため安心して飲用ができます。

価格 1674円
評価 評価3
備考 初回半額
ローヤルゼリープレミアムリッチの総評

1粒あたり1250mgを含有し1日あたり2500mgものローヤルゼリーを摂取できます。また、今なら初回半額に加え嬉しいプレゼント付です。

 

ローヤルゼリーサプリメントの特徴

 

ローヤルゼリーの主な種類としては、生、乾燥、サプリメントを挙げることができます。ここでは、これらのうちサプリメントの特徴を解説していますので、商品の購入を検討している人、どんなものなのか興味があるという人は一読してみてください。

 

ローヤルゼリーサプリメントとは?

 

ローヤルゼリーサプリメントは、ローヤルゼリーをカプセルや錠剤、タブレットといった形状にして栄養成分を詰め込んだもののことをいいます。食品としての1日目安量を摂り続けることにより、健康や美容の栄養面でのサポートをしてくれます。

 

メリットは?

 

ローヤルゼリーサプリメントの魅力的なところは、味が気にならないという点です。

 

生のローヤルゼリーの味が苦手な人も、味のしないサプリメントであれば豊富な栄養成分を楽に摂ることができるでしょう。また、カプセルなど小さいため、飲みやすいだけでなく携帯しやすいのもメリットといえます。出張や旅行など、外出先でもローヤルゼリーの栄養成分を補給することが可能です。

 

デメリットは?

 

生の状態に比べると栄養価が低いものが多いのが難点といえます。また、生や乾燥のローヤルゼリーにもいえることですが、購入し続けることにより費用負担が増していくのもデメリットになるでしょう。

 

デメリットの対策

 

成分の配合量や品質が悪いものはよくありませんが、なるべく安価で購入可能な商品、定期コースなどお得に購入可能なローヤルゼリーサプリメントを選ぶと、デメリットが気になりにくくなるでしょう。

 

ローヤルゼリーの効果は?

 

ローヤルゼリーには、数十種類もの栄養成分が含まれています。そのため、信じられないほど幅広い効果に期待できるのが特徴です。健康にも美容にも、アンチエイジングにも役立つとあって、愛用している人の年代も幅広いのです。

 

例えば、健康面では、ローヤルゼリーに含まれている特有成分のデセン酸が、インスリンに似た働きをしてくれるといいます。そのため、糖尿病の予防や改善に期待できるといわれているのです。抗酸化物質を多く含んでいる点は、ガン対策になるとも期待されています。

 

悪玉コレステロールを減少させてくれるパントテン酸が含まれているのも、ローヤルゼリーの特徴の一つです。悪玉コレステロールが減少すれば、メタボや動脈硬化などの予防にもつながります。パントテン酸は血流の改善にも役立つため、高血圧や脳卒中などの対策にもよさそうです。

 

デセン酸をはじめ、ビタミンB群がホルモンバランスを良好にし、うつ病対策になるとも考えられています。免疫力の向上や冷え、肩こりなどにもローヤルゼリーは役立つといわれているのです。一方、美容面では、美肌に役立つというのが大きなメリットです。更年期に起こりやすい様々なトラブルにも役立ち、女性らしい美を保つことができるでしょう。

 

ローヤルゼリーは1日どれくらいの量飲めば良い?

 

ローヤルゼリーに期待できる効果があまりにも多いため、たくさん飲みたいと思う人もいるようです。確かに、メリットばかりが紹介されているローヤルゼリーは、たくさん飲めば多くの効果を得られるようにも思えます。また、きちんと効果を得るために、最低限必要な摂取量を知りたいという人もいるでしょう。

 

実際、1日どのくらいの量のローヤルゼリーを飲めば、期待できる効果を得られるものなのでしょうか?一説には、ローヤルゼリーの摂取目安量は、1日500〜3,000mgだといわれています。かなり幅がある理由は、本来どのくらい飲んだほうがよいという決まりがないからでしょう。

 

また、ローヤルゼリーをどのくらい飲めば、どんな効果が出るといった確実な約束もありません。なぜなら、ローヤルゼリーは健康食品だからです。ニンジンを1本食べれば、ニンジンに含まれている栄養成分を摂取できますが、それがどんな効果をもたらすかという確実なことはいえないでしょう。

 

同じように、ローヤルゼリーも食品の一種なので、どのくらい飲めばどんな効果が出るという確実性は示されていません。ただ、ニンジン1本を毎日食べれば、ある程度の日数後には健康効果が出やすいように、ローヤルゼリーも毎日継続して飲むことで含まれている栄養成分の作用を得やすくなるでしょう。そのためには、利用するローヤルゼリー製品が推奨する目安量を飲んでみてはいかがでしょうか。

 

ローヤルゼリーの摂り方、飲み方は?

 

ローヤルゼリーには、こうしなければいけないという飲み方が基本的にはありません。ただし、効果的に飲む方法はあります。

 

例えば、水と一緒に飲んだほうがよいというのは、ローヤルゼリーが熱に弱い性質を持っているためです。せっかくの成分が壊れてしまうのは、勿体ない話ですよね。タンニンを含む飲み物と一緒に摂取するのも、おすすめできません。

 

というのも、タンニンがローヤルゼリーに含まれる栄養成分の吸収を低下させてしまう恐れがあるからです。タンニンを含む飲み物といえば、紅茶やコーヒー、ワインなどがあります。やはり、ローヤルゼリーは、水と一緒に飲んだほうがよさそうですね。

 

ローヤルゼリーを毎日飲むにも、工夫が必要です。1日飲み忘れたら健康被害が出るというわけではありませんが、毎日飲めばローヤルゼリーに含まれる栄養を簡単に取り入れることができます。そんな習慣をつけるには、決まった時間に飲むようにするのがよいでしょう。

更新履歴