ローヤルゼリーで高血圧予防

ローヤルゼリーは総合栄養食品として、計40種類以上もの栄養成分を含んでいるのが特徴です。健康や美容への効果がとくに注目を集めていますが、期待されているものの一つに高血圧予防が含まれています。

 

一体血圧にいいのはどうしてなのか、ここで取り上げたいと思います。

 

血管拡張作用

 

ローヤルゼリーが高血圧予防にいいといわれている理由としては、血圧を高める物質にアプローチしてくれるという点が挙げられます。

 

カルシトニン遺伝子関連ペプチドにより血圧が高まってしまいますが、これにローヤルゼリーがはたらきかけることによって、血管拡張作用がもたらされるのです。

 

そしてこの作用によって血圧が下がるという効果が出るため、高血圧を未然に防ぐのに効果的であると考えられているというわけです。

 

どんな人におすすめ?

 

健康診断で高血圧であることを指摘された人はもちろんのこと、ドラッグストアや市販の測定器で血圧を測定し、数値が気になっている人が摂るのにも向いています。

 

高血圧はそれ自体にこれといった自覚症状があるわけではありませんが、放置しているとさまざまなトラブルを招く原因となります。

 

高血圧自体も高血圧症といって生活習慣病の一種に含まれていますが、数値をコントロールしないままにしておくと血管が詰まりを起こす動脈硬化の原因となり、さらに血圧が上昇することになりかねません。

 

さらにこの状態を放置していると、心臓病や脳卒中へと発展してしまい、命を落としてしまう可能性もあるのです。