ローヤルゼリーで更年期障害の症状軽減

蜜蜂の分泌物であり、女王蜂のエサとして利用されるローヤルゼリー。

 

トータル40種類以上にも及ぶ栄養成分が含まれており、健康や美容に役立つとしてサプリメントや化粧品といったものに使用されています。いろいろな効果が期待されていますが、その一つとして更年期障害の症状改善を挙げることができます。

 

ここではなぜ更年期の症状にいいのかを解説していますので、興味や関心のある人は目を通してみるとよいでしょう。

 

アセチルコリン

 

アセチルコリンとは、神経伝達物質のことであり、更年期障害の原因である自律神経の乱れにはたらきかけます。

 

自律神経が整えられることによって、更年期障害のつらい症状である苛立ち、不安、めまいといった症状を軽減したり、緩和したりといった効果が期待できるといわれているのです。

 

デセン酸

 

デセン酸とはローヤルゼリーの特有成分であり、脂肪酸の一種でもあります。この成分も更年期障害の症状に効果があると考えられており、自律神経の乱れを調整する作用がもたらされるといわれているのです。

 

どういう人におすすめ

 

ここまでの説明をみればわかるとおり、更年期障害の症状に悩まされている人が摂ることにも適しています。

 

更年期障害は閉経前後の女性に多いトラブルであり、女性ホルモンの著しい低下、それによる自律神経の乱れによりほてり、のぼせ、イライラ、めまいといったさまざまな心身の不調を引き起こします。

 

食事面でのケアとして、ローヤルゼリーで対策をするのもよいのではないでしょうか。